​創業185年の京都老舗、山藤による

​丹後ちりめん

​京都府北部の丹後半島のみで生産される、世界を魅了する高級生地。
​株式会社山藤販売代理店 アップルコアジャパン株式会社

​丹後ちりめんとは

京都府北部の丹後半島の一帯をさす地方で生産された「シボ」を特徴とする優れた白生地です。

 

「シボ」は、右撚りの糸と、左撚りの糸を交互に織ることによって、作られています。

 

このシボによって、 絹のもつ光沢をやわらかくおさえ、光にふくらみを持たせ、しなやかな感触と、しっとりとした風合いを引き出し美しく色鮮やかな発色性にすぐれた白生地ができ上がります。

​丹後ちりめんの特質

1

​美しい

​しわになりにくく、しなやかで優美です。

2

3

4

​極上の肌触り

シボがあるので、肌触りの感触が素晴らしい。

​美しい染色

染付けが良く、美しい模様や柄に染められます。

耐久性

​強撚糸繊維で、耐久性があり丈夫です。

5

経済的

染め直しがきくので、再生できて経済的です。

(丹後織物工業組合の"丹後縮緬"より)

所在地 : 京都府宮津市与謝野町

創業 : 1833年 (天保4年)

​株式会社山藤について

約185年織物業に携わり、ちりめんを織り続けている。120年使用されている「八丁撚糸(はっちょうねんし)機」と呼ばれる木製の機械(丹後内にも数軒しかない。)によって、ちりめんの「シボ」を生み出す。 糸に撚りをかけてちりめんを織り、その後精錬する時に撚りが戻ることで、ちりめん独特のシボが生まれる。

​主な製作実績

GIORGIO ARMANI (ジョルジオ・アルマーニ)

LOEWE (ロエベ)

BMW

坂東玉三郎

中島みゆき

和楽器バンド

​くるり

​…

WORKS

News Release  ニュースリリース

2019 / 10 / 17 

2019 / 10 / 17